書籍

Webデザインやhtml制作に関連する事、最近話題になっているサイトなどをピックアップし、お届けします。

Back Number

Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門 (WEB PROFESSIONAL)

2012年01月20日
Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門
  • プログラム

初心者に分かりやすく、Webデザイナー、コーダーが欲しい情報をぎゅっとまとめた1冊。

デザイン基本帳 本当に必要なプロのルール

2012年07月17日
デザイン基本帳本当に必要なプロのルール
  • デザイン

レイアウト、配色、文字…デザインで重要な要素の基礎を分かりやすく纏めた1冊。

Fireworks CS5/4/3 (速習デザイン)

2012年11月08日
Fireworks CS5/4/3
  • デザイン

初心者からFireworks愛用者まで。
この1冊でFireworksを使いこなせる!

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷

2013年01月31日
日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷
  • デザイン

普段何気なく見ている企業のロゴにこめられた思いや、デザインの変遷を知る事が出来る一冊。

idea+10 (DTP WORLD ARCHIVES)

2013年04月02日
idea+10 アイデアプラステン
  • デザイン

同じ素材を10人のクリエイターがそれぞれデザインする。10通りのデザインからアイデアや考え方を学べる!

ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。

2018年07月17日
文字の組み方―組版/見てわかる新常識
  • デザイン

文字の基本ルール、なぜその組み方はダメなのか実例と共にわかりやすく解説! 文字組みをする時の参考に 文字の基本の基本から…

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

2018年07月20日
なるほどデザイン 〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉
  • デザイン

「デザイン=楽しい」を実感できる新しいデザイン書籍。 思わず「なるほど」と言ってしまうデザインの解説 新人デザイナーだけ…

レイアウト、基本の「き」

2018年08月28日
レイアウト、基本の「き」
  • デザイン

デザイン初心者向けのレイアウトの本 初歩的なレイアウトの基礎を 理論的なしっかりとした説明を元に、豊富な図案で説明 全部…

書籍一覧ページを見る

Special 特集

catch_balloon

2018年11月13日
【フリー素材】手書きふきだし素材スペシャル Ver.1

今回は3種類の手書きのふきだしです。シンプルで幅広く使えるので、制作物のちょっとしたアクセントにどうぞ。ふきだしの手書き…

Interview インタビュー

index

2014年10月15日
イラストレーターを目指し活動中!~後編~

※今回は少し趣旨を変えて、織田さんのイラストをページにちりばめました。 学校で広告を学び、色々やってみたくなった。 ─ …

Seminar セミナー

短時間で学ぶInDesign初心者講座
2018年11月20日(火) 16:00-18:30

デザイン

InDesign

Technic テクニック

catch_file_034

2018年11月06日
Photoshopブラシを使った簡単な雲の描き方

写真やイラストに雲を描き足したいけど、どうやって描くのか分からない… そんなお悩みに答えます! Step1 雲を描く下準…

Books オススメ書籍

レイアウト、基本の「き」

2018年08月28日
レイアウト、基本の「き」
  • デザイン

デザイン初心者向けのレイアウトの本 初歩的なレイアウトの基礎を 理論的なしっかりとした説明を元に、豊富な図案で説明 全部…

Award アワード

「海の日」ポスターコンクール
2018年12月5日(水) 締め切り

オススメ本

日本のロゴ 企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷

著者:
成美堂出版編集部 (編集)
出版社:
成美堂出版
発売日:
2007/08/01
こんな人にオススメ:
タイポグラフィやロゴデザインに興味のある方
  • デザイン

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷

テキスト:八木(2013年1月31日)

普段何気なく見ている有名企業のロゴにこめられた思いや、デザインの変遷を知る事が出来る一冊。

ロゴにこめられた意味や由来を知る

企業の顔とも言える「ロゴ」(ロゴマーク)。
テレビやパソコン、街中…企業の「ロゴ」を暮らしの中で見ない日は無いですよね。
ロゴの中に企業名が出ていなくても、ロゴを見ただけで企業名が分かる、なんてことも少なくないのでは?

それくらい私たちの中に印象に残っているロゴが「どうしてこんなデザインなんだろう…」と疑問に思った事はありませんか?
本書ではさまざまな有名企業の企業名の由来と、そのロゴに込められた意味や現在のデザインに至るまでの変遷を紹介しています。

大きく分けて次の7章で構成されていて、さまざまな角度から企業のロゴや企業シンボルについてのエピソードを知る事ができます。
ロゴの変遷…ロングセラー商品のデザインの変遷から、隠された秘話、込められた想いを紹介。
会社のロゴ PART1…有名企業のロゴをあいうえお順で紹介。「ア行」~「タ行」
デザイナーインタビュー…佐藤 可士和、榮久庵 憲司の企業ロゴの作成秘話やインタビュー。
北原コレクションで見るおもちゃのロゴ…おもちゃコレクターの北原 照久のインタビューとおもちゃのロゴについての解説。
会社のロゴ PART2…有名企業のロゴをあいうえお順で紹介。「ナ行」~「ワ行」
美術館・博物館のロゴ…特徴的な14箇所の美術館・博物館のロゴを紹介。
老舗の商紋…老舗が代々掲げてきた商紋やロゴマークをその歴史と合わせて紹介。

時代の変化と共に変わって行くロゴ

この本の中でも、私が特に面白いと感じたのは「ロゴの変遷」のページ。

江崎グリコのゴールインマークは、もはや知らない人は居ないのではないでしょうか。
では、両手をあげてゴールする彼は1992年までに7回変化しているって知っていましたか?
初代の彼が変わるきっかけとなったのは、「顔が怖い」という女子高生の一言を創業者が偶然耳にしたのだとか。(たしかに初期の彼の顔、ちょっぴり怖いかも・・・)

そんなちょっとした消費者の声や、時代の移り変わりによって、ロゴマークも変化していきます。
昔からの印象を変えずに少しずつ変化していったものや、ガラッと姿を変えたものなど、様々なロゴや企業シンボルの変遷を見る事ができます。

ロゴを扱ったサイト

最後に、ロゴを扱ったWebサイトを2件ご紹介します。
デザインの参考にどうぞ。

ロゴストックロゴストック
独自にピックアップしたロゴを紹介。
ロゴを見て「グッとくる」度合いを評価した「グクル度」やユーザーの評価も見る事が出来ます。
カテゴリーや色からもロゴを探すことができ、参考になるロゴデザインを探す時に重宝しそうです。

logopond
海外のロゴ紹介サイトです。
海外のデザインは国内のものとはまた違った雰囲気があって、眺めているだけでも面白いですね。
こちらも上部のメニューから「Black & white」、「Type Only」などのソートを行えます。

記事担当者のコメント
パラパラと眺めているだけでも新たな発見があり、ロゴのデザインに関わる機会が無い方にもおすすめの1冊です。
ちょっとした雑学のつもりで、息抜きに読んでみるのもいいかも知れません。
amazonの商品ページでは、少しだけ中身を見る事が出来るようですので、気になる方は是非見てみてくださいね!

記事担当:八木