書籍

Webデザインやhtml制作に関連する事、最近話題になっているサイトなどをピックアップし、お届けします。

Back Number

Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門 (WEB PROFESSIONAL)

2012年01月20日
Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門
  • プログラム

初心者に分かりやすく、Webデザイナー、コーダーが欲しい情報をぎゅっとまとめた1冊。

デザイン基本帳 本当に必要なプロのルール

2012年07月17日
デザイン基本帳本当に必要なプロのルール
  • デザイン

レイアウト、配色、文字…デザインで重要な要素の基礎を分かりやすく纏めた1冊。

Fireworks CS5/4/3 (速習デザイン)

2012年11月08日
Fireworks CS5/4/3
  • デザイン

初心者からFireworks愛用者まで。
この1冊でFireworksを使いこなせる!

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷

2013年01月31日
日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷
  • デザイン

普段何気なく見ている企業のロゴにこめられた思いや、デザインの変遷を知る事が出来る一冊。

idea+10 (DTP WORLD ARCHIVES)

2013年04月02日
idea+10 アイデアプラステン
  • デザイン

同じ素材を10人のクリエイターがそれぞれデザインする。10通りのデザインからアイデアや考え方を学べる!

ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。

2018年07月17日
文字の組み方―組版/見てわかる新常識
  • デザイン

文字の基本ルール、なぜその組み方はダメなのか実例と共にわかりやすく解説! 文字組みをする時の参考に 文字の基本の基本から…

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

2018年07月20日
なるほどデザイン 〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉
  • デザイン

「デザイン=楽しい」を実感できる新しいデザイン書籍。 思わず「なるほど」と言ってしまうデザインの解説 新人デザイナーだけ…

レイアウト、基本の「き」

2018年08月28日
レイアウト、基本の「き」
  • デザイン

デザイン初心者向けのレイアウトの本 初歩的なレイアウトの基礎を 理論的なしっかりとした説明を元に、豊富な図案で説明 全部…

センスは知識からはじまる

2019年01月09日
センスは知識から始まる
  • デザイン

デザインをする上で大切な考え方 センスは知識から始まる デザインというと「センスの良さ」が必要だと感じたことはありません…

書籍一覧ページを見る

Special 特集

catch_tegaki-line

2019年01月16日
【フリー素材】装飾ライン素材

デザインがなんだか味気ない…そんなときには、手書き風のラインを使ってみては?装飾ライン素材セットを無料配布します。 各素…

Interview インタビュー

index

2014年10月15日
イラストレーターを目指し活動中!~後編~

※今回は少し趣旨を変えて、織田さんのイラストをページにちりばめました。 学校で広告を学び、色々やってみたくなった。 ─ …

Seminar セミナー

ターゲット層にしっかり届く!配色デザイン講座
2019年1月20日(日) 10:00-12:30

デザイン

Technic テクニック

catch_file_036

2018年12月19日
クリスマス素材の作り方 初級 後編

今年ももうすぐ終わり…ということは、クリスマスが目前! クリスマスカードやパーティーのお知らせに使える、 クリスマス素材…

Books オススメ書籍

センスは知識からはじまる

2019年01月09日
センスは知識から始まる
  • デザイン

デザインをする上で大切な考え方 センスは知識から始まる デザインというと「センスの良さ」が必要だと感じたことはありません…

Award アワード

ACTアート大賞展
2019年1月31日(木) 締め切り

オススメ本

レイアウト、基本の「き」

著者:
佐藤直樹 , ASYL
出版社:
グラフィック社
発売日:
2012/06/06
こんな人にオススメ:
レイアウトで迷っているという方
  • デザイン

レイアウト、基本の「き」

テキスト:ookawa(2018年8月28日)

デザイン初心者向けのレイアウトの本

初歩的なレイアウトの基礎を
理論的なしっかりとした説明を元に、豊富な図案で説明

全部読まなければレイアウトができないというものではなく、自分が困ってるページを開けば、
そこに回答が書いてあるため、即実践で役立ちことがポイントな1冊です!

レイアウトの本ですが、内容はレイアウトだけでなく、書体の選び方、写真やイラストの適切なとレミングの仕方、図やグラフの作る方、配色まで、
グラフィックデザインに欠かせない知識がこの1冊に詰まっています。
おすすめデザイン本と検索したら真っ先に出てくるくらいにはとても評価も高い書籍にもなります。

読みやすいレイアウト、読みにくいレイアウトを比べ、どこが悪いかなど細かく説明していて、文章も通常のデザイン書籍よりやや大きめの文字、メリハリがしっかりあり読みやすくなっていてスッと頭に入ってきますよ。

そして、レイアウトをイラストレーターの整列機能だけで済ませてしまっている人は
多いのではないでしょうか?
実はイラストレーターの整列機能ってパッと見真ん中に配置してくれてると思いがちですが実は少しずれていたり、物の形によっては錯覚で下がって見えていたりするものなのです。
そんな視覚的な説明も図を交え、新人デザイナーにありがちなミスなどを事細かに説明されているため
本当に為になる1冊になってます。

レイアウトの基礎を身に付けたい方、見直したい方、Web関係の方でも
デザインに関係する全ての方におすすめします!

現在では増補改訂版も販売していますので、ぜひ!

記事担当者のコメント
こちらの本は私が専門学生時代に読んでいたものなのですが、当時はレイアウトなんて感覚でやっていた時でしたので、こんなにもルールがあるとは知らずとても驚きました。この本を読んで、初歩的基礎を学びました。

記事担当:ookawa