テクニック

WEBデザインの品質をあげるテクニック集です。クオリティを上げるための技術やヒントをご紹介します。

Back Number

フリー素材でサイトを作る グローバルナビ編

2012年04月05日
フリー素材でサイトを作る グローバルナビ編

今回はフリーのアイコン素材を使って、ショッピングサイトのグローバルメニューをつくります。

03

2012年07月17日
写真素材がない時のデザイン方法 キービジュアル編

今回は、素材がない時のデザイン方法を、キービジュアルをデザインする場合に絞って考えてみたいと思います。

02

2012年09月11日
写真に関しての「困った」を解決!~ サイズが小さい・解像度が低い場合 ~

入稿された写真素材のサイズが小さい・解像度が低い!そんな時のデザイン対処方法です。

01

2012年11月08日
フリー素材でサイトを作る タイトル・見出し編

グローバルナビ編の続編!簡単で見栄えのする見出しを作りましょう。今回はいくつかパターンをご紹介します。

index_img

2013年08月09日
テイストや雰囲気の作り方 ~前編~

デザインを作る上で、必要となってくるのがテイストです。見た目も雰囲気もとても左右される大切な内容です。今回は、テイストの作り方についてご説明します。

index_img

2013年08月09日
テイストや雰囲気の作り方 ~後編~

デザインを作る上で必要なテイストについて、今回は後編としてテイストの作り方を実践的にご説明します。

初めてでもできる!ペンツールを使ってお絵かき ~描き方編~

2013年08月16日
初めてでもできる!ペンツールを使ってお絵かき ~描き方編~

初心者にとってとっつきにくいペンツール。思い通りに描けないという方もこれを読めば、きっと使いこなせるはず!

pen

2013年08月19日
初めてでもできる!ペンツールを使ってお絵かき ~調整編~

初心者にとってペンツールは、どう使えばいいか悩むところではないでしょうか? なんとなく線は引けても、思い通りに描けないと…

index_img

2013年08月22日
絵心がなくても描ける! トレースから作るイラスト

ペンツールの使い方をある程度マスターしたら今度は、トレースをしてましましょう。今回は、写真をトレースしてイラストにします。

index_image

2013年08月26日
作り方のコツを伝授! 実例で学ぶロゴデザイン

今回は時間をかけずに作成するロゴの作り方をご紹介します。例としてWebサイトのロゴの作り方をまとめました。

イラストレーターで実現! 手書き風イラストの描き方

2013年08月28日
イラストレーターで実現! 手書き風イラストの描き方

今回はイラストレーターの効果を使って、手書き風のイラストにチャレンジ。ちょっと手を加えるだけでデザインに温かみがでてきます。

簡単ロゴデザイン 悩まず作るコツとポイント

2014年02月07日
簡単ロゴデザインVol.1 悩まず作るコツとポイント

作る時に悩んでしまうのは、作り方のルールを知らないからなのかもしれません。そこで今回は、悩まずロゴを作れるポイントをご紹介します。

テクニック一覧ページを見る

Special 特集

catch_balloon

2018年11月13日
【フリー素材】手書きふきだし素材スペシャル Ver.1

今回は3種類の手書きのふきだしです。シンプルで幅広く使えるので、制作物のちょっとしたアクセントにどうぞ。ふきだしの手書き…

Interview インタビュー

index

2014年10月15日
イラストレーターを目指し活動中!~後編~

※今回は少し趣旨を変えて、織田さんのイラストをページにちりばめました。 学校で広告を学び、色々やってみたくなった。 ─ …

Seminar セミナー

短時間で学ぶInDesign初心者講座
2018年11月20日(火) 16:00-18:30

デザイン

InDesign

Technic テクニック

catch_file_034

2018年11月06日
Photoshopブラシを使った簡単な雲の描き方

写真やイラストに雲を描き足したいけど、どうやって描くのか分からない… そんなお悩みに答えます! Step1 雲を描く下準…

Books オススメ書籍

レイアウト、基本の「き」

2018年08月28日
レイアウト、基本の「き」
  • デザイン

デザイン初心者向けのレイアウトの本 初歩的なレイアウトの基礎を 理論的なしっかりとした説明を元に、豊富な図案で説明 全部…

Award アワード

「海の日」ポスターコンクール
2018年12月5日(水) 締め切り

写真やイラストに雲を描き足したいけど、どうやって描くのか分からない…
そんなお悩みに答えます!

Step1 雲を描く下準備

まず、雲を描くために資料を用意します。
記憶を頼りに描くと、どうしても不自然な点が出てきてしまうのであまりおすすめしません。
写真を参考にしつつ描くのがベスト!
ということで、フリーの雲の写真を配布しているサイトを集めてみました。
PRIGA
pro.foto
BEIZ Graphics
Air-freepic.com
足成
今回はPRIGA様からお借りしました。

Step2 雲ブラシを作る

写真を見て描くのがオススメとは言っていたけれど、雲をリアルに描くなんて時間がかかるしムリ!
その気持ち、よく分かります。そんな時は、本物の雲のブラシを作っちゃいましょう。

先程の画像を使って、雲をブラシとして登録してみます。

使いたい雲を選択する

なげなわツールを選択
使用する雲を囲む
③④反転させる

使いたい雲のまわりを消す

背景レイヤーの鍵をクリックして外す
[編集]をクリック
[カット]を選択して使う雲の周りを切り取る

雲をくっきりさせる

[イメージ]をクリック
②③[色調補正]の中の[レベル補正]を選択
3色のタブを左右に寄せる

画像を白黒にする

①②[イメージ]から[モード]を選択
[グレースケール]を選んでモノクロにする
※④のような表示が出たら[破棄]をクリック

雲を切り抜く

自動選択ツールを選ぶ
白い雲の部分をクリック

雲を切り抜く

①②[選択範囲]から[選択とマスク]をクリック
表示をオーバーレイにします。この方が見やすい!
スマート半径にチェックを入れてタブを右に寄せる

雲をモノクロに変換

選択範囲を反転させてdeleteキーを押す
②③[イメージ]から[色調補正]を選択
[階調の反転]をクリック

ブラシに登録する

①②command+Aで全選択してから[編集][ブラシを定義]をクリック
名前を入力してOKをクリックで完了!
※実際にブラシで使用する時は
不透明度を50%くらいにするとベスト。

おまけ

写真を使ったブラシだと同じ形にしか描けない…。
それなら、いろんな種類の雲ブラシを作れば解決。
積乱雲や飛行機雲など、色々な雲をブラシにしてみましょう!

Step3 実際に描いてみる

作った雲ブラシを使って、実際にイラストを描いてみました。
やり方はとっても簡単、ブラシを設定して何回かその場でクリックするだけ。
違うブラシを組み合わせるだけで、それらしいイラストに!
是非みなさんもチャレンジ♪

記事担当者のコメント
ブラシは奥が深く、素材として普段から作っておくといざというときに便利です!
イラストの背景など、使い方は多種多様。レッツエンジョイ・ブラシライフ!