書籍

Webデザインやhtml制作に関連する事、最近話題になっているサイトなどをピックアップし、お届けします。

Back Number

Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門 (WEB PROFESSIONAL)

2012年01月20日
Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門
  • プログラム

初心者に分かりやすく、Webデザイナー、コーダーが欲しい情報をぎゅっとまとめた1冊。

デザイン基本帳 本当に必要なプロのルール

2012年07月17日
デザイン基本帳本当に必要なプロのルール
  • デザイン

レイアウト、配色、文字…デザインで重要な要素の基礎を分かりやすく纏めた1冊。

Fireworks CS5/4/3 (速習デザイン)

2012年11月08日
Fireworks CS5/4/3
  • デザイン

初心者からFireworks愛用者まで。
この1冊でFireworksを使いこなせる!

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷

2013年01月31日
日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷
  • デザイン

普段何気なく見ている企業のロゴにこめられた思いや、デザインの変遷を知る事が出来る一冊。

idea+10 (DTP WORLD ARCHIVES)

2013年04月02日
idea+10 アイデアプラステン
  • デザイン

同じ素材を10人のクリエイターがそれぞれデザインする。10通りのデザインからアイデアや考え方を学べる!

ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。

2018年07月17日
文字の組み方―組版/見てわかる新常識
  • デザイン

文字の基本ルール、なぜその組み方はダメなのか実例と共にわかりやすく解説! 文字組みをする時の参考に 文字の基本の基本から…

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

2018年07月20日
なるほどデザイン 〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉
  • デザイン

「デザイン=楽しい」を実感できる新しいデザイン書籍。 思わず「なるほど」と言ってしまうデザインの解説 新人デザイナーだけ…

レイアウト、基本の「き」

2018年08月28日
レイアウト、基本の「き」
  • デザイン

デザイン初心者向けのレイアウトの本 初歩的なレイアウトの基礎を 理論的なしっかりとした説明を元に、豊富な図案で説明 全部…

センスは知識からはじまる

2019年01月09日
センスは知識から始まる
  • デザイン

デザインをする上で大切な考え方 センスは知識から始まる デザインというと「センスの良さ」が必要だと感じたことはありません…

書籍一覧ページを見る

Special 特集

catch_plant

2019年04月15日
【フリー素材】手書き植物の素材セット

長いように感じた冬も終わり、柔らかい青葉が芽吹いて春になりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?今回は手書き植物の素材…

Interview インタビュー

index

2014年10月15日
イラストレーターを目指し活動中!~後編~

※今回は少し趣旨を変えて、織田さんのイラストをページにちりばめました。 学校で広告を学び、色々やってみたくなった。 ─ …

Seminar セミナー

Technic テクニック

catch_file_037

2019年02月15日
水彩絵の具ブラシを作成する方法

水彩絵の具のにじみは、アナログ表現の醍醐味ですよね。 綺麗なにじみをデジタルでも表現してみたい!!! そんなあなたに向け…

Books オススメ書籍

センスは知識からはじまる

2019年01月09日
センスは知識から始まる
  • デザイン

デザインをする上で大切な考え方 センスは知識から始まる デザインというと「センスの良さ」が必要だと感じたことはありません…

Award アワード

オススメ本

Fireworks CS5/4/3

著者:
山口 有由希
出版社:
技術評論社
発売日:
2011/12/7
こんな人にオススメ:
効率よくデザインしたい方
  • デザイン

Fireworks CS5/4/3 (速習デザイン)

テキスト:白川(2012年11月8日)

初心者からFireworks愛用者まで。この1冊でFireworksを使いこなせる!

デザインを効率よく進めるために知っておきたい機能と使い方。

あなたはWebのデザインをする時に、何のソフトを使っていますか?

Photoshop? Fireworks? Illustrator?
それ以外のソフトもあるかと思いますが、一番多く使われているのはPhotoshopでしょうか。

本来、Photoshopは写真を加工を目的としたソフトであり、FireworksがWebデザインに特化したソフトです。それなのになかなか浸透しないのは、会社の方針などもあるかと思いますが、昔からあるPhotoshopを愛用しているデザイナーが、新しいソフトに手を出せないからではないでしょうか?

そんないつもPhotoshopばかりだけれど、Fireworksも気になっているデザイナーさんにぜひ一度読んでもらいたい1冊です。

基本的な操作から、サイトデザインの流れに沿っての使い方や「この効果を使ってこんなデザインができるんだ!」という新たな発見もあり、まったくの初心者から、普段からFireworksを愛用している方にもオススメです。カラーでわかりやすく説明されているので、とても読みやすいと思います。

個人的に便利だと思うのが「スタイル機能」。
いったんデザインを作ってみたものの、別のパターンも見てみたい。
そんなことよくありますよね。
そんな場合もこの機能を使えば、1つずつ修正を加えなくとも
1度で全ての効果やフォントなど同じスタイルの箇所を変更できます。

スキルをアップして、効率もアップ!
仕事でも使えるノウハウ満載です。

記事担当者のコメント
私は、Photoshop、Fireworks、Illustratorのどのソフトでも業務でWebのデザインを作成したことがあります。どのソフトも特徴があり、良い点がありますが、WebをデザインするならばFireworksが一番オススメです。そのオススメポイントは、この本に全て載っているので、だまされたと思って読んで見てください。きっと新たな発見があるはずです。

記事担当:白川