テクニック

WEBデザインの品質をあげるテクニック集です。クオリティを上げるための技術やヒントをご紹介します。

Back Number

フリー素材でサイトを作る グローバルナビ編

2012年04月05日
フリー素材でサイトを作る グローバルナビ編

今回はフリーのアイコン素材を使って、ショッピングサイトのグローバルメニューをつくります。

3

2012年07月17日
写真素材がない時のデザイン方法 キービジュアル編

今回は、素材がない時のデザイン方法を、キービジュアルをデザインする場合に絞って考えてみたいと思います。

2

2012年09月11日
写真に関しての「困った」を解決!~ サイズが小さい・解像度が低い場合 ~

入稿された写真素材のサイズが小さい・解像度が低い!そんな時のデザイン対処方法です。

1

2012年11月08日
フリー素材でサイトを作る タイトル・見出し編

グローバルナビ編の続編!簡単で見栄えのする見出しを作りましょう。今回はいくつかパターンをご紹介します。

index_img

2013年08月09日
テイストや雰囲気の作り方 ~前編~

デザインを作る上で、必要となってくるのがテイストです。見た目も雰囲気もとても左右される大切な内容です。今回は、テイストの作り方についてご説明します。

index_img

2013年08月09日
テイストや雰囲気の作り方 ~後編~

デザインを作る上で必要なテイストについて、今回は後編としてテイストの作り方を実践的にご説明します。

初めてでもできる!ペンツールを使ってお絵かき ~描き方編~

2013年08月16日
初めてでもできる!ペンツールを使ってお絵かき ~描き方編~

初心者にとってとっつきにくいペンツール。思い通りに描けないという方もこれを読めば、きっと使いこなせるはず!

pen

2013年08月19日
初めてでもできる!ペンツールを使ってお絵かき ~調整編~

初心者にとってペンツールは、どう使えばいいか悩むところではないでしょうか? なんとなく線は引けても、思い通りに描けないと…

index_img

2013年08月22日
絵心がなくても描ける! トレースから作るイラスト

ペンツールの使い方をある程度マスターしたら今度は、トレースをしてましましょう。今回は、写真をトレースしてイラストにします。

index_image

2013年08月26日
作り方のコツを伝授! 実例で学ぶロゴデザイン

今回は時間をかけずに作成するロゴの作り方をご紹介します。例としてWebサイトのロゴの作り方をまとめました。

イラストレーターで実現! 手書き風イラストの描き方

2013年08月28日
イラストレーターで実現! 手書き風イラストの描き方

今回はイラストレーターの効果を使って、手書き風のイラストにチャレンジ。ちょっと手を加えるだけでデザインに温かみがでてきます。

簡単ロゴデザイン 悩まず作るコツとポイント

2014年02月07日
簡単ロゴデザインVol.1 悩まず作るコツとポイント

作る時に悩んでしまうのは、作り方のルールを知らないからなのかもしれません。そこで今回は、悩まずロゴを作れるポイントをご紹介します。

テクニック一覧ページを見る

Special 特集

catch_plant

2019年04月15日
【フリー素材】手書き植物の素材セット

長いように感じた冬も終わり、柔らかい青葉が芽吹いて春になりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?今回は手書き植物の素材…

Interview インタビュー

index

2014年10月15日
イラストレーターを目指し活動中!~後編~

※今回は少し趣旨を変えて、織田さんのイラストをページにちりばめました。 学校で広告を学び、色々やってみたくなった。 ─ …

Technic テクニック

catch_file_037

2019年02月15日
水彩絵の具ブラシを作成する方法

水彩絵の具のにじみは、アナログ表現の醍醐味ですよね。 綺麗なにじみをデジタルでも表現してみたい!!! そんなあなたに向け…

Books オススメ書籍

センスは知識からはじまる

2019年01月09日
センスは知識から始まる
  • デザイン

デザインをする上で大切な考え方 センスは知識から始まる デザインというと「センスの良さ」が必要だと感じたことはありません…

Award アワード

水彩絵の具のにじみは、アナログ表現の醍醐味ですよね。
綺麗なにじみをデジタルでも表現してみたい!!!
そんなあなたに向けて、今回は水彩絵の具のブラシを作る方法をご紹介します。
Photoshopブラシを使った簡単な雲の描き方の記事も参考にしていただくと、より分かりやすいと思います!

Step1 用意するもの

表現したいものは、本物をそのまま使ってしまった方が早い!
ということで、まずは絵の具と筆、水差しと水彩用の紙を準備します。
絵の具はなるべく青や赤など、色がはっきり出るものが良いです。黄色などは色が飛んでしまうので注意!

素材を作る

さて、早速ブラシの素材を作っていきましょう!
ベタ塗りにならないようにだけ気をつけたら、基本好きなように描いて大丈夫。
形や水分量など、色々試すほどブラシの幅も広がります♪筆者が描いたものはこんな感じ。
これをスキャンするか、写真を撮ります。

Step2 ブラシを作る

Photoshopで、スキャンした素材を開きましょう。
使う部分以外をクイック選択ツールで選択する。
レイヤーパネルの鍵マークをクリックして外してから、deleteキーで消す。

①②③[イメージ]から[モード]を開き[グレースケール]をクリック、モノクロにする。

①②command+Aで全選択をした状態で、[編集]から[ブラシを定義]をクリックで登録完了!
試しにブラシツールにしてから、登録したブラシを使ってみます。

あら、水彩感がゼロ…!?このままだとブラシとして使いにくい…!!
そこで、ブラシ設定を変えていきます。

登録したブラシを選択したまま、[ウィンドウ]から[ブラシ設定]をクリックして
ブラシ設定パネルを開きます。先ほどのブラシの設定を、画像のように変更していきます。

シェイプはサイズのジッターだけ変えます。

散布の数値を変更します。

テクスチャを適用させます。

デュアルブラシで、ぼかし系のブラシを選択します。

その他では不透明度のジッターなどを変更します。

作ったブラシを使って写真をアナログ風に!

何種類か上と同じ要領で作ったブラシで、写真をアナログ風にしてみました!

※写真はプロカメラマンのフリー写真素材・無料画像素材のプロ・フォトからお借りしました。

記事担当者のコメント
ブラシの設定を自分好みに設定することで、色々な水彩表現ができます。
バリエーションを増やし、使い分けできるようにしておけば重宝すること間違いなし♪