テクニック

WEBデザインの品質をあげるテクニック集です。クオリティを上げるための技術やヒントをご紹介します。

Back Number

フリー素材でサイトを作る グローバルナビ編

2012年04月05日
フリー素材でサイトを作る グローバルナビ編

今回はフリーのアイコン素材を使って、ショッピングサイトのグローバルメニューをつくります。

3

2012年07月17日
写真素材がない時のデザイン方法 キービジュアル編

今回は、素材がない時のデザイン方法を、キービジュアルをデザインする場合に絞って考えてみたいと思います。

2

2012年09月11日
写真に関しての「困った」を解決!~ サイズが小さい・解像度が低い場合 ~

入稿された写真素材のサイズが小さい・解像度が低い!そんな時のデザイン対処方法です。

1

2012年11月08日
フリー素材でサイトを作る タイトル・見出し編

グローバルナビ編の続編!簡単で見栄えのする見出しを作りましょう。今回はいくつかパターンをご紹介します。

index_img

2013年08月09日
テイストや雰囲気の作り方 ~前編~

デザインを作る上で、必要となってくるのがテイストです。見た目も雰囲気もとても左右される大切な内容です。今回は、テイストの作り方についてご説明します。

index_img

2013年08月09日
テイストや雰囲気の作り方 ~後編~

デザインを作る上で必要なテイストについて、今回は後編としてテイストの作り方を実践的にご説明します。

初めてでもできる!ペンツールを使ってお絵かき ~描き方編~

2013年08月16日
初めてでもできる!ペンツールを使ってお絵かき ~描き方編~

初心者にとってとっつきにくいペンツール。思い通りに描けないという方もこれを読めば、きっと使いこなせるはず!

pen

2013年08月19日
初めてでもできる!ペンツールを使ってお絵かき ~調整編~

初心者にとってペンツールは、どう使えばいいか悩むところではないでしょうか? なんとなく線は引けても、思い通りに描けないと…

index_img

2013年08月22日
絵心がなくても描ける! トレースから作るイラスト

ペンツールの使い方をある程度マスターしたら今度は、トレースをしてましましょう。今回は、写真をトレースしてイラストにします。

index_image

2013年08月26日
作り方のコツを伝授! 実例で学ぶロゴデザイン

今回は時間をかけずに作成するロゴの作り方をご紹介します。例としてWebサイトのロゴの作り方をまとめました。

イラストレーターで実現! 手書き風イラストの描き方

2013年08月28日
イラストレーターで実現! 手書き風イラストの描き方

今回はイラストレーターの効果を使って、手書き風のイラストにチャレンジ。ちょっと手を加えるだけでデザインに温かみがでてきます。

簡単ロゴデザイン 悩まず作るコツとポイント

2014年02月07日
簡単ロゴデザインVol.1 悩まず作るコツとポイント

作る時に悩んでしまうのは、作り方のルールを知らないからなのかもしれません。そこで今回は、悩まずロゴを作れるポイントをご紹介します。

テクニック一覧ページを見る

Special 特集

catch_plant

2019年04月15日
【フリー素材】手書き植物の素材セット

長いように感じた冬も終わり、柔らかい青葉が芽吹いて春になりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?今回は手書き植物の素材…

Interview インタビュー

index

2014年10月15日
イラストレーターを目指し活動中!~後編~

※今回は少し趣旨を変えて、織田さんのイラストをページにちりばめました。 学校で広告を学び、色々やってみたくなった。 ─ …

Seminar セミナー

最大8席の少人数制|CSS3レイアウトセミナー Flexbox編
2019年11月15日(金) 10:00 - 13:00

CSS

CSS3

デザイン

Technic テクニック

catch_file_037

2019年02月15日
水彩絵の具ブラシを作成する方法

水彩絵の具のにじみは、アナログ表現の醍醐味ですよね。 綺麗なにじみをデジタルでも表現してみたい!!! そんなあなたに向け…

Books オススメ書籍

センスは知識からはじまる

2019年01月09日
センスは知識から始まる
  • デザイン

デザインをする上で大切な考え方 センスは知識から始まる デザインというと「センスの良さ」が必要だと感じたことはありません…

Award アワード

年賀状デザインコンペ2020
2019年10月27日(日) 締め切り

テイストや雰囲気の作り方 ~後編~

デザインを作る上で、必要となってくるのがテイストです。見た目も雰囲気もとても左右される大切な内容です。前編に引き続きは、今回は後編としてテイストの作り方を実践的にご説明します。

今回はメインビジュアルを例に作っていきます。
白黒での作り方は、特集記事「レイアウトの基本 5 ~白黒配置で目的を明確にする~」をご覧ください。
今回目指すデザインは、「ナチュラル&ガーリー」と決めました。
そして、白黒で必要な要素をざっと配置した状態がこちら。
白黒で必要な要素をざっと配置した状態
▼ 白黒の状態に、雰囲気にあった色味を足します。ここでは、最低限でかまいません。v
雰囲気にあった色味を足す
▼ 次に、前回の記事で決めたテイストとサブワードから、装飾を加えていきます。
テイスト:ナチュラル / サブワード:手作り、自然、手書き
テイスト:ガーリー / サブワード:花、フリル、レース
少しおおざっぱにしても、後で調整出来ますので、細かくは考えません。
装飾を加えていく
▼レイアウトを調整し、目標とするテイストに近づけます。
目標とするテイストに近づける
▼最後に、目標とする物に対してプラスとマイナスのグラフに位置づけられるパターンを出します。
こちらは、レースを足して、ちょっとガーリーな雰囲気に。書体も変えてみました。
レースを足して、ちょっとガーリーな雰囲気に
▼今度は花やふきだしを加えて、少しポップな印象にしてみました。
花やふきだしを加えて、少しポップな印象に
少し、時間を置いてから選ぶととても良いと思います。作っている内は、自分の中の何かがぐわ~っと燃え上がり「これだ」と思っていても、時間が経つと冷静になります。
ポイントとなるのは、作業中にあまり考えずに済むように、事前に調べておく事です。
ネットなどで既存の物を見たり、雑誌やパッケージなどを時間がある時にストックしておくと良いでしょう。
ウェブサイトを探す場合には、ウェブちょこと言うサイトがお勧めです。目的別に探せて、毎日更新されているので便利です。
さて、作業は一通り完成しましたが、最後にもう一押しです。自分の作成した物が、目標としたテイストに近いのかを確かめてみましょう。私がよくやる方法としては、印刷して雑誌の間に入れたり、既存のウェブサイトのキャプションを取ってそこにはめてみる、と言った方法です。大切なのは「自分の感覚だけを信じない」事です。けれど、どうしたって最後は自分の感覚が大切になりますので、日々色々みたり、調べたり、ストックしておく事が大切だと思います。
下記はおまけのような物ですが、テイストを決める段階で、別なテイストを選んだ場合、デザインががらりと変わります。
▼大人っぽく、ゴージャスに。ちょっとパーティのような雰囲気。
大人っぽく、ゴージャスに
▼今度は落ち着いて、さわやかな雰囲気に。海をイメージしてみました。
さわやかな雰囲気に
記事担当者のコメント
ひとつのものを完成させようとするよりかは、いろんなパターンを出しながら様子をみるといいですね。また、あまりいろいろな要素を加えると、雰囲気がまとまらなくなるのでバランスをみながら調整しましょう。
[ デザイン・コメント担当:白川 ]