書籍

Webデザインやhtml制作に関連する事、最近話題になっているサイトなどをピックアップし、お届けします。

Back Number

Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門 (WEB PROFESSIONAL)

2012年01月20日
Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門
  • プログラム

初心者に分かりやすく、Webデザイナー、コーダーが欲しい情報をぎゅっとまとめた1冊。

デザイン基本帳 本当に必要なプロのルール

2012年07月17日
デザイン基本帳本当に必要なプロのルール
  • デザイン

レイアウト、配色、文字…デザインで重要な要素の基礎を分かりやすく纏めた1冊。

Fireworks CS5/4/3 (速習デザイン)

2012年11月08日
Fireworks CS5/4/3
  • デザイン

初心者からFireworks愛用者まで。
この1冊でFireworksを使いこなせる!

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷

2013年01月31日
日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷
  • デザイン

普段何気なく見ている企業のロゴにこめられた思いや、デザインの変遷を知る事が出来る一冊。

idea+10 (DTP WORLD ARCHIVES)

2013年04月02日
idea+10 アイデアプラステン
  • デザイン

同じ素材を10人のクリエイターがそれぞれデザインする。10通りのデザインからアイデアや考え方を学べる!

ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。

2018年07月17日
文字の組み方―組版/見てわかる新常識
  • デザイン

文字の基本ルール、なぜその組み方はダメなのか実例と共にわかりやすく解説! 文字組みをする時の参考に 文字の基本の基本から…

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

2018年07月20日
なるほどデザイン 〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉
  • デザイン

「デザイン=楽しい」を実感できる新しいデザイン書籍。 思わず「なるほど」と言ってしまうデザインの解説 新人デザイナーだけ…

レイアウト、基本の「き」

2018年08月28日
レイアウト、基本の「き」
  • デザイン

デザイン初心者向けのレイアウトの本 初歩的なレイアウトの基礎を 理論的なしっかりとした説明を元に、豊富な図案で説明 全部…

センスは知識からはじまる

2019年01月09日
センスは知識から始まる
  • デザイン

デザインをする上で大切な考え方 センスは知識から始まる デザインというと「センスの良さ」が必要だと感じたことはありません…

書籍一覧ページを見る

Special 特集

catch_plant

2019年04月15日
【フリー素材】手書き植物の素材セット

長いように感じた冬も終わり、柔らかい青葉が芽吹いて春になりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?今回は手書き植物の素材…

Interview インタビュー

index

2014年10月15日
イラストレーターを目指し活動中!~後編~

※今回は少し趣旨を変えて、織田さんのイラストをページにちりばめました。 学校で広告を学び、色々やってみたくなった。 ─ …

Seminar セミナー

Technic テクニック

catch_file_037

2019年02月15日
水彩絵の具ブラシを作成する方法

水彩絵の具のにじみは、アナログ表現の醍醐味ですよね。 綺麗なにじみをデジタルでも表現してみたい!!! そんなあなたに向け…

Books オススメ書籍

センスは知識からはじまる

2019年01月09日
センスは知識から始まる
  • デザイン

デザインをする上で大切な考え方 センスは知識から始まる デザインというと「センスの良さ」が必要だと感じたことはありません…

Award アワード

オススメ本

センスは知識から始まる

著者:
水野 学
出版社:
朝日新聞出版
発売日:
2014/4/18
こんな人にオススメ:
自分のデザインに不安がある方
  • デザイン

センスは知識からはじまる

テキスト:yonezawa(2019年1月9日)

デザインをする上で大切な考え方

センスは知識から始まる

デザインというと「センスの良さ」が必要だと感じたことはありませんか?
あの人はセンスがあるからいいものを作るんだ。私もセンスが欲しかったなあ、など…

そんな誤解をバッサリ切ってくれる本がこちらです。
センスは生まれつき特別な人にだけあるものではありません!
「あの人はセンスがいい!」と呼ばれるような人に誰でもなれるのです。

例えば、文章を書くことをイメージしてみてください。
「あいうえお」しか知らない人間と「あ」から「ん」まで五十音を知っている人間とでは
どちらがわかりやすく幅広い文章を書けるでしょうか?

知識は可能性を広げてくれます。
そして題名の通り、センスは知識であります。

そしてセンスのある人間は、どの会社にいっても重宝されるということがこの本で分かります。
数点のデザイン案を見せられて、パッといいデザインを選べる人は
「色」「文字」「写真や絵」「形状」など、デザインが何で成り立っているかの知識がある人です。

また、売れるデザインはこれらのものが必要だと作中で説明しています。
①王道のものを知っている
②流行を知る
③共通項や一定のルールがあるか考える

全ては知識から始まります。
この本ではそれらのノウハウを学べます。

センスのいい人間になるために、この本を読んで小手先だけではないデザイン力を身につけませんか?

記事担当者のコメント
こちらの本は、まさしく才色兼備という言葉が似合うような、センスの良い美しい女性のデザイナーが紹介していた本です。
彼女の考えに少しでも触れたく、すぐAmazon Kindleで購入しました。

個人的に、日常生活での「満員電車で車内トラブルのない車両を選ぶ」「ハズレと呼ばれる飲食店に入らない」、「いい物件に入居する」など
偶然のような事もセンスの延長線だと感じていたので、
抽象的な言葉ではありますが、センスというものの大切さを改めて感じ、それらを強みとするデザイナーになりたいと思いました。

記事担当:yonezawa